お客様に安心して快適なバスをご利用いただくために

株式会社成田アプローチでは、「運輸安全マネジメント」に基づき、輸送の安全を確保するために、以下のとおり全社員一丸となって取り組んでまいります。

令和元年度(H31.04.01~R2.03.31)

輸送の安全に関する基本方針

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。
  2. また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底させます。
  3. 輸送の安全に関する計画の策定(Plan)、実行(Do)、チェック(Check)、改善(Act)を確実に実施し、また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表し、お客様に信頼を提供します。
  4. 当社では、「安全確保を最優先」「関係法令等を遵守」「安全管理体制の継続的改善」を安全方針として、全社員一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全に努めてまいります。

運輸安全方針

  • 旅客の安全確保を最優先とし、社員全員が目的意識を持ち業務を遂行する。

社内への周知方法

  • 社内の掲示板に掲示する。
  • 時期を定めて行うドライバー教育時に指導する。
  • 点呼時に再確認。

目標達成のための計画

  • 年間教育計画の確実な実施。
  • 過去の事故状況を分析して再発防止に努める。
  • ヒヤリハットの共有。
モービルアイ(衝突防止補助システム) 歩行者や自転車、車両等を検知し、追突事故を防止する
モービルアイ(衝突防止補助システム)
歩行者や自転車、車両等を検知し、追突事故を防止する。
衝突被害軽減ブレーキ レーダーにより先行車を感知・分析し、警告やブレーキの補助操作を行う
衝突被害軽減ブレーキ
レーダーにより先行車を感知・分析し、警告やブレーキの補助操作を行う。
デジタル無線機
デジタル無線機
デジタル無線機と連動し、車両の現在地を常に把握。
デジタル無線機と連動し、車両の現在地を常に把握。
アルコール検知器と共に体調管理として血圧計で朝の体のチェック。
アルコール検知器と共に体調管理として血圧計で朝の体のチェック。
宿泊先でのアルコール検知器。パソコンに転送で、飲酒検査。
宿泊先でのアルコール検知器。パソコンに転送で、飲酒検査。

輸送の安全に関する情報交換の方法

  • 運行前点呼、運行後点呼において、輸送の安全確保に関する情報交換と安全意識の向上に努める。
  • デジタルタコグラフの評価とドライブレコーダーの画像を参考に安全意識の向上に努める。
デジタルタコグラフ
デジタルタコグラフ
イメージ

我が社の安全に関する反省事項

  • 安全方針・目標・計画の取組状況を定期的にチェックし、安全対策上の問題点を把握します。

反省事項に対する改善方法

安全上の問題点を把握し、積極的に改善に取り組みます。ドライブレコーダーを使用しヒヤリハットを実践しています。

輸送の安全に関する目標および当該目標の達成状況

                
 目 標  発生件数 達成状況 備 考 
重大事故件数 0件 0件
人身事故件数 0件 0件
その他の事故の件数 0件 0件
有責事故件数 0件 5件 × 負傷者なし
物損事故件数 5件 6件 ×

自動車事故報告規程第二条に規定する事故に関する統計

  • 事故総件数 0件

安全に対する取り組み

救命処置講習

最寄りの消防本部より講師をお招きし、心肺蘇生法などの応急手当の方法やAEDの扱い方を学びます。
いざという時に慌てないための心構えを身につけ、お客様が少しでも安心してバスをご利用していただけるよう努めてまいります。

事故事例勉強会

保険会社事故担当者を講師としてお招きし、事故事例、対策について学びます。
事故を未然に防ぐ運転を実施してまいります。

整備点検・日常点検講習

日頃の管理を怠ると部品の磨耗や劣化が進行し、故障や事故につながります。
整備会社の社長などから整備点検と日常点検の重要性をしっかり学び、万が一にも事故を起こさないための取り組みを行っています。

薬物乱用防止講習

近年国内外で問題となっている薬物乱用問題について、県警の専門家を招き、
薬物やその取り巻く環境、人体への悪影響等、知っているつもりで知らないことを再認識するために講習を行っています。
また、自らが乱用をしてしまう危険性以外にも、知らずに薬物取引の仲介をしてしまうなどの危険性も増加していることから、常に危機感を持つ必要性を指導しています

運転者への交通安全講習

自動車を運転するものとして絶対に知っておかねばならない交通の基本知識を、
所轄警察署の交通課員を講師にお招きしてレクチャーしました。知ってて当然のことであっても定期的なリマインドを実施することで事故予防に努めています。

平成31年4月1日
株式会社 成田アプローチ
代表取締役社長 金川 孝